【DELL】XPS 13 2-in-1 レビュー【兼近況報告】

前略、お元気ですか?こちらは本業とミヤラジのパーソナリティ業との両立がままならず、とにかく時間のない毎日です。さて、今回筆を執ったのは、先月デルアンバサダープログラムに当選して、今どきのパソコンをモニター体験して驚愕したからです。借りることができたのはXPS 13 2-in-1 という機種、ヒンジが360度回転、変幻自在に姿を変え、ラップトップとしてもタブレットとしても使える素晴らしい代物です。

そして、実にこれが今の私にぴったりでした。ラジオのお仕事は多岐に渡り、取材・放送・音源編集などを並行してやらなければいけません。取材や放送用にはiPad、CMや音源作成にはDELLの14inchラップトップというのがこれまでのスタイルで、紙の資料もバッグに詰め込んで移動していたものだから、腕やら肩やらコリコリの日々でした。正直、WindowsPCの方が使い慣れたソフトが多いし、それ一台に集約できればと思っていたのですが、放送時に狭いミキサー室で広げるのは無理。どうにかならないかとずっと悩んでいました。

これまで「コンパクトなPCには妥協を強いられる」という思い込みがどこかにあっただけれど、XPS 13 2-in-1は違いました。

まずは画面。13インチは小さいと思っていたけれど、狭ベゼルと高精細液晶のお陰で全く小ささを感じない。タブレットモードに切り替えて、生放送中に使ってみましたがいつものスペースにきっちり収まる。画面サイズも大きいから閲覧性も高いし、タッチパネルも反応がいい。

そして、パワー。Core i7のサクサク感。曲中にスタジオを抜け出して、音源編集をしなければいけない。そんなシチュエーションでも、軽々とこなしてくれる。何だか今まで人生の時間を無駄にしていたんだなあ、と気づいた瞬間でした。

薄型コンパクトでも堅牢性は高いし、所有欲を満たすデザイン。久々にパソコンが欲しくなった1か月でした。返却してしまった今では、Inspiron14と仲良くしていますが、しばらくXPS 13 2-in-1への未練たらたらにお金を貯める日々になりそうです。

そして、いつか叶えたい夢、芭蕉の足跡を追ってマラソンで1800キロを走り抜く「勝手に奥の細道」を開催するときには、バックパックにXPS 13 2-in-1を忍ばせて、動画編集しながら日々のランを投稿したい。そんなの絶対に面白いに違いない。そう思うのです。どうですか?一緒にやりません?(笑)

追伸、アダプターが手の平サイズなのもニクいです。出会ったら欲しくなるのでご注意ください。あ、それと、寒くなってきたのでご自愛ください。