忘れられない大晦日に!

大して準備も進められないまま、スタート3日前を迎えてしまいました。そして、年末に大寒波の予報。今年は危うい走り旅になりそうです。

最近は、部屋に並んだミニノボリを見て「もう8年も経ってしまったのか…」と時の流れの速さに驚いています。

結婚しダブルワークを始めてから生活は変わりました。走行距離も減り、長い距離を走る機会もほとんどなくなりました。先月走った大田原マラソン、予定通りのDNF(関門収容)も「走れなくなった自分」を強く再認識させられる出来事でした。時々、名古屋-東京の走りを思い出しては、情熱も体力も衰えたのかなと少し寂しくもなります。四十を越え加齢との戦いも生まれるこれから、ランニングを通しての成長があるだろうかと、ここ2、3年ずっと思い悩んでいました。自分の中でのランニングのポジションが分からなくなっていたかもしれません。

昨年作ったTシャツには「本懐」という2文字を大きくプリントしました。でも、僕はプロではないし、競技者でもない。ただのジョギング好きです。本業よりも、ラジオよりも、ランニングが大切というのは少し憚られる気持ちがありました。でも、走らない期間を経て、「走る」ことが何よりも大切だとまた感じ始めました。

マラソンは本当に多くの事を教えてくれました。そして、今年は「走らないこと」でマラソンが教えてくれたことを再認識することができました。来年の明確な目標を持つことができました。

・タンパク質・ミネラルの摂取を優先し、糖質は残りのスペースに入れるだけ
・自然食品と云えど今や栄養不足なことも。サプリメントも有効活用する
・ただ闇雲に距離を重ねるのをやめる(200km/月で十分か?)
・剛性と柔軟性を兼ね備えた筋肉を作るために時間を使う(ストレッチ・筋トレ)
・自分に必要な睡眠時間・睡眠の質を確保する(夜更かしはただのわがまま)

今年はこれに気が付くところまでだったけれど、来年はこれらを守り続け「動物としての質」を高めて行きたい。それこそが「本懐」だと今は思います。ランナーになる前と後とで見える景色が違ったように、十分に野生性を回復した後には違う感覚が待っているはずです。

何だかくどくなってしまったけれど、今年はきっとボロボロです。例年以上にボヤき、また乗り物が登場するかもしれません(ごめんね、ばんばさん)。でも、2019に繋がるそんなランにしたいと思います。笑って泣いて感情むき出しのYoutube Liveになると思います。

楽しみになってきました。雪でも何でも勝手に来やがれ!3日間走ってくれるばんばさん、駆け付けてくれるランナーさん、ネットの向こうで笑ってくれる方、そして、こんな馬鹿ばかりしている僕をゴールで迎えてくれる妻よ、とにかく忘れられない大晦日にしましょう!

7回目の勝手にウルトラマラソン、スタートは28日です!