無謀な108km練習で度胸がついたのか、その後は順調に練習を積み重ねることができた。初フルの勝田全国マラソンではサブ4を達成、その後、長距離耐性をつけるべく50キロ走なども行った。不安は少しずつ減り、むしろ、近づいてくる初ウルトラに胸が躍った。

しかし、セイテンノヘキレキ。大会目前の4月、ある知らせが入った。

僕をウルトラワールドへと引きずり込んだ先輩ランナーYさんとGさんが出場を見合わせるというのだ。それぞれの事情というものがあるのだから仕方ないのだけれど、僕は、途端に不安の渦に飲み込まれた。深く暗い穴の中に落ちていく夢まで見た。初めてのウルトラ、初めての前泊、「コバンザメの如く付いて行けば何とかなるだろう」と思っていたのに、いきなり支えを失うことになってしまった。

最後までふたりが走れるようになることを祈っていた。が、後日、参加賞を代理でもらうため、ふたりから引換証を受け取っていた。心の中で「裏切り者〜!」と叫んでいた。僕は決定的にひとりぼっちになってしまった。あんなに楽しみに思えていた初ウルトラが途端に怖くなってきた。


大会前日、僕はひとりぼっちで電車に乗り、チャレンジ富士五湖が行われる富士吉田市へと向かった。受付会場の富士北麓公園体育館で、僕は3組のゼッケンを受け取り、YさんとGさんの2組分を返却した。本当は3人でここにいるはずだったのに...。



ひとりぼっちの体育館はとても広く感じられた しかし、実のところ、数日前にある変化が起こっていた。
通っているジムでコーチと話していた時のことだった。

「一緒に行くはずだった人がふたりとも参加できなくなっちゃって...」
「そうなんですか、それは残念ですね...」

普通なら社交辞令的にフェードアウトする会話。しかし、この瞬間、マラソンの神様が胡椒を一振り。思わぬスパイシー展開が待ち受けていた。何とコーチがこう続けたのだ。

「あ、うちの会員さんの〇〇さんも出場するみたいですよ」

そして、翌日、コーチの紹介で慶太さんと初めて挨拶をした。前日の受付会場でもお互いの健闘を誓い合った。



宿は違うし出場部門も違ったので、結局のところ、レース当日も慶太さんと会うことはできなかった。そして、僕は14時間6分という途方もない時間をかけて、初めてのウルトラマラソンを完走、というか、完歩した。

結果、何を得たのか。100キロ以上を走れるカラダに感謝したし、しばらくはキラキラ光る完走メダルを見てニンマリしていた。マラソンの新しい楽しみ方を知って嬉しかったし、これからランニングを続けていく上での良い経験値を積むことができたとも思っていた。

でも、そんなことは意味でも意義でもなかったのだ。

時を経て今思う。大事なのは、この出会いこそがハチャメチャでワンダフルな恒例行事への扉だったということだけだ。勝手にウルトラマラソンはこの出会いから生まれた。数ヶ月後、慶太さんはジムのロッカールームでおもむろにこう云うのだ。


「東京まで走りませんか」