大晦日からひと月ほどたったある日、僕らは「パンドラの箱」という意味深な名前のビストロに集まっていた。春に宮城へと転勤する慶太さんの激励会と、勝手にウルトラマラソンの反省会を兼ねて。

「温泉に入りたいね」
乾杯が終わるなり、まーちゃんはそう云った。

まーちゃんというのは、ジムのラン仲間のひとり。何たる物好きか、大みそか早朝、宇都宮タワーでふたりのスタートを見送った後、ひとり20キロのジョギングをこなし、電車でスイッと東京に先回り、ふたりのゴールを迎えてくれた女子である。

「それは次の大晦日の話?どこの温泉?」
「んー、伊豆とか箱根とか…。」
「箱根駅伝?」
「あれって片道どれくらいあるの?」
「108キロ」
「じゃあ、1区から5区まで通し?」
「山の神だねぇ、あはは」

全く他愛のない冗談だった。まだ2013年は始まったばかり、年末の予定なんて知る由もない。慶太さんだって、果たして帰省できるのか分からない。千住新橋の上で云った「リベンジする」という言葉に二言はなかったけれど、その時はまだ、それぞれが別にリベンジするんだろうなあと思っていた。結局、その夜、パンドラの箱は開かれず、後日、慶太さんは宮城へと旅立っていった。春、大晦日の不思議な結束は解け、「スタンド・バイ・ミー」のようにみんな少しずつ他人に戻っていった。

でも、僕も慶太さんも、そして、まーちゃんも、結局その冗談を忘れられずにいた。夏の匂いがしてくると、いつの間にか各自が調整を始めた。ルートの確認、試走、宿の予約、冗談は冗談のままに、何故か確固たる予定に変わっていった。そして、この冗談にすっかり飲み込まれたのがまーちゃん。

「私も半分くらい走って、残りはマネージャする」

と言い出した。半分走っても54キロあるのに、その後、車で先回りしながら終盤をサポートしてくれると云うのだ。もはや一般女性の云うことではない。夏場の走り込みを経て、うら若き乙女は、猛者へと変わっていた。

「嗚呼、ミイラ取りは本当にミイラになるものなんだな」と僕は思った。

あっという間に一年が過ぎ12月30日、日本橋にほど近いホテルに僕らはチェックインした。