「しかし、あの、ひとり...、ですね?」

肩からマランツのレコーダーをぶら下げた福嶋アナが、マイクを僕に向ける。

「いや〜、なんか、予想だにしない感じですけど...、ひとりです。」 

少しおどけて答えたけれど、怖くて彼女の目は見られない。

2015年12月30日夜6時、東京丸の内は街路樹のイルミネーションがキラキラと輝いていた。年末を楽しむ恋人やファミリーの行き交う中、背中には「日光社参」の文字が揺れるノボリ、頭には撮影のためのアクションカメラ、そんな場違いな姿で僕はまたここにやってきた。そして、何故か地元ラジオ局からの取材を受けている。

「宇都宮駅では温かいお見送りがありましたが、ここは比較的風の強い、冷たい空気が流れています・・・、今、ゴールに向けてどんな気持ちですか?」

新幹線まで使って、宇都宮から取材に来てもらったというのに、スタート地点の行幸通りには応援者の姿はなかった。特に期待していたわけではないのだけれど、彼女に空振りをさせてしまったのは、とてもバツが悪い。冬のビル風よりも、向けられた視線に寒気を感じた。

「何でこんな木枯らしの中、一人走り出さなければいけないのかとちょっと後悔していますが、頑張っていきたいと思います。自分で始めたことなので、自分できちっと終わらせようと思います。」

「途中、気を付けることとか、ポイントになると考えていることはありますか」

「はい。良く転ぶので、まずは道をよく見てつまずかないこと。そして、100キロ地点までをうまく走れれば、宇都宮から日光に向けては、歩いてでも這ってでもゴールできると思うので、ゆっくり地道に行きたいと思います。」

そう、今年の勝手にウルトラマラソンは、皇居から世界遺産日光の社寺への150キロを走る。全てが終わったように思えた名古屋-東京の旅から1年、いろいろな偶然が去年のゴールをスタートに変え、一昼夜寝ずに走るという新しい物語が広がっていた。

「今回のコースの中で一番キツイところはどこですか?」

「宇都宮を過ぎてから日光にいたるまでは何百メートルと上るので、そのあたりがきついと思います。そして、夜、眠くなってきたときにどうやって目を覚ませばいいのかがいまだに良く分かりません」

「これまで勝手にウルトラマラソンを経験されているぷらさんも、まだつかめない所があると?」

「はい、いつでも未知の領域に踏み込んでいきたいというチャレンジ精神を持ってやっていますので。今回も色々な偶然や事件が起こると面白いし、楽しいんじゃないかと思っています。」

「家康公の御膝元まで怪我なく事故なくゴールできますようにお祈りをしております。最後にひとことお願いします」

「背中に背負ったバックパックに日光東照宮、そして、日光二荒山神社のお守りもつけておりますので、家康公が築き上げた泰平の世が続く様に祈りながら、百五十キロを走りたいと思います。がんばってきます」

本当は別の願いがあったのだけれど、照れ臭くて少しだけ遠回しに答えた。こうして終わらない旅が始まった。

「いってらっしゃい」

北上開始、ゆっくりと年末の東京を走りだした。

(つづく)