2012

Category
挑戦の終わり

挑戦の終わり

ひとときの休足を終えたふたりは埼玉県内をひたすら南下し続けた。 空腹が治まった分、残りの距離や時間、カラダの疲労が気になる。すね、ふくらはぎ、腰、肩、全てが痛い。信号で止まるたびにストレッチを繰り返しては、残り距離をカウ...
瀕死の中盤戦

瀕死の中盤戦

声が出なかった。 呆然と立ち尽くした。 無情の文字が僕等をどん底に突き落とした。 「年末年始休業」 辿り着いた道の駅ごかは営業していなかった。 道の駅に休みなんかあっていいのか。往来の激しい年末年始に何故店を開けない。僕...
あったか序盤戦

あったか序盤戦

大晦日の朝、慶太さんとはスタート地点の宇都宮タワーに向かう始発列車の中で落ち合う約束になっていた。ここ数日の冷え込みからすると随分ましな寒さではあったけれど、走って丁度良い格好をしているととても体が冷える。 「1日こんな...
はじまりはじまり

はじまりはじまり

「やりますか!!」 誘う方も誘う方だが、今思えば、僕も随分と簡単に応えたものだ。はっきり云って、この時点では慶太さんをほぼ知らなかったというのに。名前、チャレンジ富士五湖に参加したこと、同じジムの会員であること、知ってい...
初レースの出会い

初レースの出会い

無謀な108km練習で度胸がついたのか、その後は順調に練習を積み重ねることができた。初フルの勝田全国マラソンではサブ4を達成、その後、長距離耐性をつけるべく50キロ走なども行った。不安は少しずつ減り、むしろ、近づいてくる...